情報をしる

知っておくと良い情報

木材利用ポイントは、地域の木材の利用を促すことを目的として国が支援補助事業として始めたものです。 これまで国では、家電エコポイントや住宅エコポイントなどの制度を設けて販売促進につなげてきましたが、今回の木材利用ポイントも今まで同様、住宅を建築したりリフォームする場合に一定の基準を満たしていれば木材利用ポイントが付与される仕組みになっています。 付与されたポイントは、地域の農林水産品や商品券、プリペイドカードなどに交換できるようになっていて、ポイント数の上限は住宅の購入や新築、増築に関しては30万ポイント(30万円相当)となっています。 木材利用ポイントの対象となるのは主に国内の地域材で、スギやヒノキ、カラマツなど多くの種類があります。

工夫することで得られるメリット

木材利用ポイントは、住宅の建築やリフォームだけではなく、木材製品や薪ストーブ、木質ペレットストーブなどを購入した際にも付与されることになっています。 住宅の建築やリフォームなどの場合は工事完了時点で木材利用ポイントの申請が可能で、申請できるのも1回のみと決められていますが、木材製品や薪ストーブなどに関しては期限内であれば何度でも申請が可能となっています。 近年では、特に都心部などにおいては防火や耐震性などの面から鉄筋構造の戸建てやマンションが増加傾向にありますが、最近では木造住宅であっても従来に比べて防火性能が向上しています。 また、木材には湿度などを調節する効果もありますし、木のぬくもりはリフレッシュ効果や癒し効果があると言われています。