不動産の知識

別々の資産価値があるもの

土地と建物は、それぞれ別々の資産価値のあるものとして存在しています。 そのため、実際に購入したり売却するときには気をつけなくてはいけません。 不動産の価値を明確に理解できるのは、不動産に関する税金を支払うときです。 税金を支払うときには、土地と建物でそれぞれ支払う費用が全く異なることを知っておく必要があります。 例えば、土地を購入してそのまま放置していると何の控除も働かないためより多くの税金を支払わなくてはいけません。 しかし、土地の上に一部でも建物が存在しているとその建物に対する控除が適用されて税金が非常に小さくなるのです。 不動産を購入するときには、このような資産価値の違いを理解してから購入しなくてはいけません。

不動産会社にそれぞれの価値を確認する

多くの投資家は、不動産を購入するときに建物と一緒にその土地を購入します。 これは、こうすることによって税金を小さくできるからに他なりません。 資産運用の手段として不動産を購入するときには賃貸借契約の利益で運用することを考えることが一般的であるため、こうした購入方法が多いのも事実です。 実際に購入するときには土地と建物の平均的な価格を一括査定できちんと把握しておかなくてはいけません。 仮に、資産運用として不動産を購入するのならばその不動産が売れる時期なども考慮しておく必要があります。 時期が経てば必ず税金を支払わなくてはいけないため、そのバランスを理解して必ず利益が出る方法で取引をするのです。 そのためには、土地や建物の価値をそれぞれ確認することが大切になります。